スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指数について

前回の記事(シーズン3パーティ紹介と反省)から
この記事で平然と使っていた"指数"について説明と長所、短所について考察します。


そもそも指数ってなんぞや! って方は是非どうぞ
指数とは
ポケモンバトルにおいて
自分(相手)の攻撃がどれだけのダメージを与える(食らうか) の1つの指標です。

「そんなんダメージ計算みりゃ一発じゃん!」と思った方、正解です。
まさにダメージ計算ツール(以下ダメ計)に必要な情報を入れて計算させれば一発です・・・
が、ダメ計には無い利点があります。
それは、「ダメージ量を自分で簡単化する」という点にあります。



ポケモンを努力値、個体値、果てはめざパや色厳選などをしてる方
そんな方は"育成論"というのを少なからず目や耳にしたことはあるはずです。
この育成論のポケモンの性能を示すためにダメ計のデータを載せているのが主流だと思います。
このダメ計めちゃくちゃ便利ですよね。が、
育成論のダメ計は非常に見づらいです。
そう思ったことはありませんか?僕はかなり思います。
つらつらダメ計ばっか載せてんじゃねぇ!
そのためか、どんなポケモンに確定1発だったのか、また乱数1発だったのか、正直覚えてません。
おそらく、その育成論の書き方、私自身のスペックの問題などもあると思いますが



しかし指数はその点、ダメージ量と耐久指数を数値化。
その数字をある程度覚えることによって、どの程度の割合でダメージが入るかを予測できます。
(計算になれると本当に早く出来ます。ダメ計に文字を打ち込むより早いかも)


前回の記事で指数をはじき出した計算式はこうなっています。

物理火力指数=こうげきの能力値*技の威力(一致なら1.5倍)*乱数(0.85~1)
物理耐久指数=ぼうぎょの能力値*(HPの数値-2)*50/22
(上の2つの式はダメージ計算の数式を参考に導きました、ググればすぐに出てきます。)
もちろん物理だけでなく特殊にも同じ式が適用できます。
上の式から分かる通り、0.85から1倍までの乱数でダメージは適用されているんですね。



最初にガブリアスを例にとります。
がぶ
陽気A252S252B4の実数値は
183-182-116-90-105-169
なのでげきりんの威力は
(こうげきの能力値)*技の威力(一致なら1.5倍)  ※乱数は考えない
=182*120*1.5
=32760
という数値が出てきます。

またH244B252D12特化ポリ2(きせき)の指数は
ポリ2
実数値
191-*-156-125-117-80
物理耐久値は
(ぼうぎょの能力値)*(HPの数値-2)*50/22
=(156*1.5)*(191-2)*50/22
=100513

じゅっじゅうまんごひゃく!!?!
そら硬いわけです。
なんせガブのげきりんを3発耐えれるんですから、ダメ計でもそうなっています。




私はパーティにガブを入れてること、ポリ2がこの上なく重いため例にあげました。
つまり、よく使いそうなポケモン、使われそうなポケモンの火力、耐久を知っておくことは重要なのでは?といいたかったのです。
自分のパーティのポケモンのこの技1発で仮想敵にどれだけのダメージが入るのか?
サイクル戦になりやすい環境なら、指数をある程度覚えていることで
ゲームを有利に運ぶ手助けになるのではと思いました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。