スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[バトルロードグロリア2015使用:エルテラゲンガー]

6b0a156c.gifwhimsicott.gifterrakion.gif
1b8fb8bf.gifhydreigon.gif678ac9f4.gif
結果:Best16(Aブロック決勝負け)
バトルロードグロリアAブロック予選




続きを読む

スポンサーサイト

【ダブル】戦うピカチュウ大会でチュウ考察【oras】

1.インターネット大会「戦う!ピカチュウ大会チュウ!」のルール
■対戦ルール
【バトル形式】ダブルバトル
【使用できるポケモン】全国図鑑No.001~720のポケモンのうち、でんきタイプをもつポケモンのみ。
ただし、サンダー、ライコウ、アルセウス、ボルトロス、ゼクロムを除く。
※過去作産使用可能

2.環境予想
環境にいるポケモンはすべて電気タイプを持っているため、お互い電気技が通りにくい。
→複合タイプを持っているポケモンが評価される。例えばスピンロトム479_cut_4.pngを除くロトム系統、一致ハイボ持ちのエレザード695_4.png、地面タイプ持ちのマッギョ618_4.png、そして竜技を打てるメガデンリュウ181-megaevol_4.pngといったところか。
特にふゆう持ちのロトム系統とこの環境ではかなり高種族値であるメガデンリュウが今回の主役なのではないだろうか。


採用率ランキング(予想)
今回は環境で電気に対して等倍以上の一致技を打てることを評価し、採用率順にランキング予想をした。
S181-megaevol_4.png

A479_heat_4.png479_mow_4.png479_frost_4.png695_4.png466_4.png618_4.png

B479_wash_4.png604_4.png479_4.png171_4.png101_4.png135_4.png596_4.png310-megaevol_4.png

C479_cut_4.png523_4.png417_4.png462_4.png405_4.png312_4.png311_4.png310_4.png082_4.png026_4.png025_4.png702_4.png587_4.png

禁止145_4.png644_4.png243_4.png642-therian_4.png642_4.png


Sランクは欠点の少ないメガデンリュウ。
Aランクにはヒート、カット、フロストのロトム、通りの良い全体技である"ハイパーボイス"を打つエレザード、"マッドショット"や"だいちのちから"が打てるマッギョ。単タイプのエレキブルがA評価されている理由はサブウェポンの豊富さ(じしん、石火、炎P)とサブウェポン一致勢との火力差を補える種族値の高さ(A123)である。
とはいってもまだ始まっていない大会のランキングであるため、文句がいっぱいあるはず、なので意見ください(乞食)



3.個別の予想
・メガデンリュウ 90-*-105-165-110-45
181-megaevol_0.png
メガシンカ特有の高種族値であるため、多くの努力値配分のパターンが考えられる。
耐久と特攻が高い代わりにSが絶望的なため、ミラーを意識したS調整がされるはず。
またSぶっぱですると実数値106で追い風や高速移動でマルマインすら抜ける。ただ、追い風はエモンガしか使えず、高速移動も1ターン消費し味方の壁補助等がないとやや悠長な攻め方になってしまう。

・メガライボルト 70-*-80-135-80-135
310-megaevol_0.png
通常環境ならデンリュウと立場が逆であろうライボルトさん。
メタゲームの中心を意識するならSをエレザード抜きに抑えて、バークアウトやオバヒ、ボルチェン(威嚇)で補助に回ると活躍を見せてくれそう。ただメガ枠を消費してまでの価値があるかは怪しい。

・FCロトム 50-*-107-105-107-86
479-wash_0.png
ドロポンマン
電気タイプの大会なのに電気を等倍で許してしまうポケモン。
けれど、110の一致技をデメリットなしで連発でき、電気等倍も横にひらいしん持ちを置いておけばカバーできるため使い勝手は良さそう。しかし、メガデンリュウにメインウェポンが通りづらい。
479-frost_0.png
絶対に凍らすマン
こちらも水ロトムと同じく110の一致技を打てる。ただ命中不安がある。霰と重力の使い手はそれぞれランターンとコイル系統。
安定して当てられれば使いたいポケモン。
479-heat_0.png
オバヒマン
オバヒなので連発できない他のFCロトムと比べ、マッギョに等倍、メガデンリュウに半減、ランターン、水ロトムにタイプ相性。不利となかなか良い所が見つからないがカットロトムやフロストロトムに対して抜群で入り半減で受けられるため、FCロトム内のヒエラルキーで言えば頂点に君臨している。
479-mow_0.png
リフストマン
ヒートロトムと同じく打ったら2段階ダウンする。間違っても2段階アップはしないので注意。


随時追記していくつもりです。
意見があればこちらTwitter→@ano_gasenaまでどうぞ。

[燃えよドラゴンタイプ!使用:ダークガル構築]

darkrai.gifb5fffdfc_20150131194037234.gif
groudon-primal.gifnoivern.gif

戦績:30戦18勝12敗
レート:1600くらい
(今回は諸事情で友人のROMで参加しました、貸してくれたトキナ氏本当にありがとう!)

1.はじめに
・前回とのレギュレーションの違い
【バトルボックスに登録できるポケモン】レベル1~100までのポケモン4匹
【使用できるポケモン】全国図鑑No.001~719のポケモン
●この大会は、ドラゴンタイプのポケモンを1匹以上出場させることが必須となります。
つまり幻のポケモンも使える44見せ合いダブルということ。前回はダークライやアルセウスといった幻のポケモンは使えません。44見せ合いなのでダークライやレックウザ等の対応を4枠でしなければならず、前回のGS(Generation Showdown)とは一味違った環境になりました。

・ダークライについて
このポケモンの代名詞であるダークホールが強力。この技をS125という早さで打つため隙が少なく、C130という高い数値で放たれる特殊技と一致イカサマがあるため火力面も期待できるポケモン。


2.コンセプト
初手の491_4.png115-megaevol_4_20150131214315ebc.pngで相手の妨害を猫で封じながらダークホールで眠らせる。その後は捨て身なりイカサマなりで素早く処理していきます。
 
3.解説
491_4.pngダークライ@タスキ
臆病HS
ダークホール/イカサマ/あくのはどう/まもる
持ち物をタスキにしているけれど、メンハやラムが欲しい場面も同じくらいありました。
今となっては悪波を切って、身代わり+食べ残しで同型有利になる手段を持っておくことも考えられます。


115-megaevol_4_20150131214315ebc.pngガルーラ@メガ石
陽気AS
ねこだまし/すてみタックル/不意打ち/まもる
ねこだましという強力な縛り技(存在自体が牽制技)
さらに、ねこ+捨て身で大概のポケモンを処理できる。相手の4匹をこいつで全て処理することも多く、原始グラードンより優秀だなって思いますね。ただ不意打ちは活躍の場面が少なかったです、けたぐりやギガインなどが候補かなと思います。


383_4.pngグラードン@原始
意地HAベース
断崖の剣/ドラゴンクロー/オーバーヒート/まもる
流行りそうなレックウザやマンダに対して相性は悪いけれど、ゼルネに対して強いので入れました。
ゼルネアス1匹も見ませんでしたけど!


715_4.pngオンバーン@メンタルハーブ
臆病@HS
ちょうはつ/おいかぜ/流星群/ひっさつまえば

公式「なおこのレギュレーションはドラゴンタイプ必須です」
僕(ドラゴンタイプ必須かぁ…)
僕(レックとマンダ流行りそうだし、ダークガルで初手有利じゃん!)
僕(伝説は補完でグラードン入れて、最後はダーク対策でアローかボルト入れればもう完璧!僕って天才かな!?)
公式「ドラゴンタイプ必須です」
僕「ファイアローってドラゴンじゃn」
公式「ドラゴンタイプ必須です」
僕「」
そんな感じの枠。
それでも使い方さえ間違えなければしっかり働いてくれました。

4.反省とか感想とか言い訳
 予想通りダークホール持ちor挑発、マジコ等の対策がPTに入って。なので後半15戦あたりからニャオや鍵、ニンフィアを見かける度にマジコに怯えてました。また、勝算の高い行動(当たり前とでも言うべき行動)をできず、独り相撲で勝てるゲームをいくつも落とした気がします。数字を見てしまうと「ダブル初心者かな(笑)」って言われたような気分です。その証拠に前回のGSでエルゲンを使ったときより勝率が下がっており、どれだけギミックに頼っていたかを分からされました。今回もただただダークホールのパワーを振り回していた気がします。
 安定行動と賭けを見分られない点を課題にし、ダブルの5月にあるインターネット大会のため頑張っていこうと思います。


5.おまけ
showdownの同レギュレーションで2位になれました。(個人的にめっちゃ嬉しかったです)
2位
実機でもこのくらいの成績を残したいもんです。
読んでいただいてありがとうございました。

[Generation Showdown使用:エルゲン+グラードン構築]


whimsicott.gif 6b0a156c.gif
37336340_20150216022601e71.gifgroudon-primal.gif
60abdc19_20150216022926f92.gifxy487origin.gif



戦績:30戦21勝9敗
レート:1670くらい

1.はじめに
・GS環境最強と名高いゲンシグラードンについて
 攻撃種族値180で相手全体に打てる一致120の断崖の剣が強力。地面/炎なので電磁波、鬼火無効。特性おわりのだいちで水が蒸発し弱点が地面のみ。さらにはH100 B160という鬼のような物理耐久、物理技ではほぼ確1に出来ないという史上最強生物である。

・エルゲンについて
 エルフゲンガーの並び。エルフーンのアンコール+ゲンガーの金縛りで技を打てない、逃げられないという機能停止ポケが出来あがる。あとはうそなき+特殊技でもう一方を攻撃し続けて有利にゲームを進めていきます。
 伝説系ポケは基本的に先制技に乏しく、素早さも90~110族に集中しているのでエルゲンで嵌めやすいです。


2.コンセプト
 エルゲンでバックの苦手な駒を嵌め倒し、残党を原始グラで処理する。


3.解説
547_4.pngエルフーン@タスキ
臆病HS
まもる/挑発/アンコール/うそなき
・まもる
使いどころの難しい技。無駄に居座ることが負けパターンになったり、なまじ選択肢にあるが故とりあえずのまもるで追い風を許してしまう点が宜しくない。さらに相手にファスガ持ちがいるとなにも出来ないので、初手両まもるを要らないと思うなら追い風にすべき枠。
・挑発
ボルトロスやクレッフィの厄介なポケモン、トリル、追い風等の素早さ操作を行う技に対してのメタを一任しています。
・アンコ
メガゲンの金縛りと併せて機能停止ポケを出来あがらせます。またゼルネのジオコン、ガルーラの猫、まもるの後に合わせて…等めちゃくちゃ広く深い役割のある必須技です。
・うそなき
横の特殊打点と合わせて1匹を確実に処理します。メガゲンのシャドボとヘドばくの範囲ならグラードン、レック、ゼルネ、ガルーラ…等ほとんどの仮想敵を乱~確1にできます。


094-megaevol_4.pngゲンガー@メガ石
臆病CS
まもる/かなしばり/シャドーボール/ヘド爆
 今回の要、カイオーガの影を踏んでキャッチ+グラードンの後だしで水技を蒸発させる魂胆。実際このギミックは何度か成功し、それで投了を貰えることも多かったです。
 またオーソドックスなHS鬼火ではなくCSヘド爆なのはうそなき込みでゼルネやレックを確1で処理できるためです。ただし、うそなき+シャドボでH252グラードン(207-110)は31.3%のやや低乱1。これでは、分の悪い賭けになるはずだが対面した全てのグラードンはうそなきシャドボで処理できたため、おそらく同系や霊獣ランドを見たB振りが主流なんだなと思います。(個人的にはD振りが多いと思っていた)


645_4.pngランドロス@珠
まもる/大地の力/ヘド爆/気合玉
 ちからずく*珠補正=1.69倍という過去作に埋もれてしまったチート。地面を無効にし原始グラを確実に処理する駒として採用しました。
ブログ名とか関係なく本当に気合玉が…頼むから一発くらい当ててくれ…


383_4.pngグラードン@原始
控えめCS
まもる/大地の力/ふんか/だいもんじ

 あれだけ断崖の剣を推しておいて、まさかの特殊グラードン。
 理由としては、物理同系の断崖の刺し合いでは確1にできない+命中85というイヤな不安要素だ。確1に出来ないとなると自然と互いの手数が多くなり、ダブル経験の浅い自分では手数の多い読み合いは不利と考え、ピンポイントで地面技を打てる特殊型に行きついた型です。207-110グラードンに対してC特化大地の力は87.5%の乱数1発。しかし、上記で言った通りHAぶっぱグラードンの個体数は少ないためこちらも全て1発で処理できました。


487_4.pngギラティナ@はっきんだま
意地HAベース
まもる/シャドーダイブ/かげうち/ドラゴンクロー
 違和感枠その1。
 当初クレセ、グラードンに強いという理由で採用していた。が、そもそも他の枠をそれらに強くしており、パーティのタイプ補完であるべき枠ををこいつにしてしまった…。結果、悪や氷、竜…と様々なタイプの通りが良くなってしまい、選出は控えました。同じ竜でもメガしないレックウザやホワイトキュレムの方が選択性や選出画面でかける圧力としてまだマシだったくらいです。2回選出したけどこいつじゃなくても成り立っていましたね。

381_4.pngラティオス@しろいハーブ
臆病CS
まもる/りゅうせいぐん/サイコキネシス/シャドーボール
 ギラティナに次ぐ違和感枠その2。
 数多のレックウザを仕留めてくれた分ギラティナより数段意味はあったと思えます。しかしそれも先の伝説枠をギラティナに潰してしまったが故の活躍です。本来はエルゲンが呼びまくるスカーフ霊獣ランドとアローを処理できる枠にすべきです。


4.最後に反省とか感想とか 
 前回のBoH、壁バトン構築にも言えること。
 構築の組み立てにおいて始めは良いけれど、完成手前で適当さが出てしまう。対戦においても詰めの段階が甘いときがあリこれも同じ。雑さが出てしまって負けに繋がる。
 原因は調整段階ですら負けるのが怖くて、逃げ腰の姿勢が出てること。その癖して負けるはずないと驕り、そこから調整不足、経験値不足が起きる。結果対戦中のプレイに綻びが構築には欠陥が見つかる。こういう逃げ腰を克服したい、これこそが自分の弱い部分だから。


 初めてのダブル大会でそこそこ楽しめて、かつ思ったことをやれたので手応えはありました。特に1770くらいの人にエルゲンで何もさせずに降参貰ったときはすごい嬉しかった。
NB7W-WWWW-WWXC-KXGD
エルゲンで嵌め倒したときのBV、これを見てダブルを始めてくれる人がいれば嬉しく思います。

これでGS使用構築エルゲン+グラードンの紹介文を締めくくりたいと思う、ありがとうございました。

[バトルオブホウエン使用:スタン偽装構築]

metagross.gif blaziken.gif 25446535.gif
salamence-mega.gif breloom.gif azumarill.gif

戦績:30戦21勝9敗
最終レート:1670くらい

1.コンセプト
とにかくスタン構築っぽさを醸し出し、実際には壁バトンで全抜きを図っていくもの。
両壁を貼れる上に600族かつメガ進化しそうなメタグロスはコンセプトにピッタリだった。

2.解説
376_4.pngメタグロス@粘土
陽気 H252 B84 S172
リフレク/ひかりの壁/ステロ/だいばくはつ

先発で壁2枚+ステロしたなら、相手が鋼でもゴーストでも爆発四散してもらう運命にあるポケモン。
意地ガッサ抜き調整、だがあまり意味は無い。




257_4.pngバシャーモ@弱保
陽気 H252 A4 B100 D76 S76
とびひざ/みがわり/ビルド/バトン

ニャオバシャガルの流用、拝借したブログには「なんでも耐えるナイスガイ」と書いてあっただけに色々耐えてくれた。
BoHで攻撃技をとるなら、めざ氷か膝しかなかったと思う。



214-megaevol_4.pngヘラクロス@メガ石
意地AS
じしん/タネマシンガン/ロックブラスト/ミサイルばり

バトン前提ポケ。
正直ASでよかったと思うことより、HAだったら…と思う場面が多かった。
構築の段階では壁バトンでタスキ持ちに負けるのを嫌ってこいつにした。
しかし、(後述の理由と)ステロを撒く余裕が思ったよりあったため、マンダにバトンすることが多くなった。
それでも壁1~2枚で精一杯なときがあること、技範囲の関係から十分活躍してくれた。




373_4.pngボーマンダ@メガ石
意地AS
じしん/竜舞/捨て身/からげんき

裏選出用のスタンポケ①、だったはずが後半の方はヘラクロスより多くバトン先になった。
パーティの飛行の一貫性からマンダを呼びやすく、先行バトンを決めても受け出しのヘラクロスがB2段階の壁込みでも死んでいくので、バトン先になることが多くなった。
鬼火ホイホイなのでからげんきがよく刺さり、それで投了を貰ったこともしばしば。


286_4.pngキノガッサ@タスキ
意地AS
胞子/がんふう/マッパ/タネガン
裏選出用スタンポケ②

184_4.pngマリルリ@オボン
意地HA
アクジェ/じゃれつく/ばかぢから/はらだいこ
裏選出用スタンポケ③

こいつとガッサについてはORASレートにもいるから強いだろって理由で入れた。
あんま使ってないです。



3.感想
構築に費やした時間が少ない割にはそこそこの成績を残せた。
数は少ないが挑発持ち(ヤミラミ、ギャラドス)がいたときは本当にしんどかった。



短い文ですが、これで終わりにします。ありがとうございました。
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。